Chapter 2: 58

Mr. Tanaka: This is where we part ways.
Iron Soviet: Aye comrade. Where will you go?
Mr. Tanaka: To find some answers.
田中さん:ここに別れて去って行く。
アイロン・ソビエト:うん、コムラド。どこに行く?
田中さん:答えを見つけよう。

Chapter 2: 52

Mr. Tanaka: Can’t leave him behind to die senselessly. He was only fighting for his own justice.
田中さん:彼を置いていけない。無駄死になるだけ。彼は自分の正義のために戦った。

Chapter 2: 51

Mr. Tanaka: Only enough power for one hit… Luckily it was enough. No time left…
田中さん:力はひとつの攻撃しかなかった。十分で運よかった。時間がない。

Chapter 2: 49

Eggy: Both the elevator and stairs were no good. I’ve got to find another way out.
エギー:エレベーターも階段もだめだった。別の出る方法見つけなくちゃ。

Chapter 2: 43

Loud Speaker: Warning! Warning! Nuclear Detonation Imminent! Evacuate! Evacuate!
Mr. Tanaka: Hmm.. faster than I thought it would take. I hope Eggy can find a way out. I better finish this now.
Iron Soviet: The ringing! It’s so loud!
スピーカー:警告!警告!核爆発が起こす。撤退して!撤退して!
田中さん:ふーん、思ったより早かった。エギーがうまく逃げるかな。よし、一発終了。
アイロン・ソビエト:鐘が鳴っている! うるさい!

Chapter 2: 41

Iron Soviet: That was quite the punch comrade. You are not like most people I’ve fought. Maybe in a different time we could have been friends. But seeing that your are Japanese and I am Russian. It can not be so.
アイロン・ソビエト: いいパンチだった、コムラド。君のように戦う人はあまり会ったことない。違うところか違う時代だったら、友達かもな。だが、君は日本人、俺はロシア人で無理だろ。

Chapter 2: 33

Eggy: Ah, crap! Rusty is back.
Mr. Tanaka: …
Eggy: You take care of him and I’ll take care of the reactor.
エギー:くそ!ラスティーは戻ってきた。
田中さん:…
エギー:君があいつを倒して、僕に原子炉を任せよう。

Chapter 2: 32

Mr. Tanaka: Time to trash this place. There is an old reactor below accessible by that elevator. If we overload it, that should take out the whole facility.
Eggy: Alright, let’s stick it to the man.
田中さん:ここを壊すぞ。地下に古い原子炉はある。そして、炉心が融解するとここの全てがなくなるはずだ。
エギー:政府を倒せ!

Chapter 2: 31

Nurse: Dr. Takahashi, patient 11 is waking up.
Dr. Takahashi: That’s never happened before. Could be a good thing… increase the dosage.
看護師:高橋先生、十一号は目覚めている。
高橋先生:これは初めてだね。いいことかもしれない...投与量を増やして

Chapter 2: 29

Eggy: You’ve been here before? Did you work here or were you one of these water guys.
Mr. Tanaka: I was one these water guys.
Eggy: Did you know this guy?
Mr. Tanaka: You sure ask a lot of questions.
エギー: 来たことはあった。仕事か泳いでいるやつら?
田中さん: 泳いでいるやつだった。
エギー: このやつ知っている?
田中さん: 質問が多いなぁ。

Chapter 2: 28

Eggy: What is this place?
Mr. Tanaka: It’s a secret government laboratory.
Eggy: Really? How do you know that?
Mr. Tanaka: I’ve been here before.
エギー:ここは何だ?
田中さん:ここは秘密の政府検定所だ。
エギー:本当?何でそう思う?
田中さん:来たことがあるから。

Chapter 2: 27

Eggy: Where did you learn to do that?
Mr. Tanaka: I wasn’t always a salaryman.
エギー: どこにあの技を学んだ?
田中さん: サラリーマンの前に別の人生があった。

Chapter 2: 25

Eggy: Ouch! It’s like hitting a rock.
Ivan: Haha, you can not hurt me little tin man. They dont call me the Iron Soviet for Nothing. Haha!
エギー: 痛い!石のようだ。
イヴァン: ハハ!ちびティンマン、俺を傷つけられないぞ。俺はアイロン・ソビエトと呼ばれてる男だ。ハハ!

Chapter 2: 23

Ivan the guard: I am Ivan. You shall not pass.
Mr. Tanaka: A little help here!
イヴァン: 俺はイヴァンだ。君らは通れない!
田中さん: ちょっと手伝って!

Chapter 2: 22

Mr. Tanaka: We need to get maintenance.
D-Block guard: None shall pass.
Eggy: He’s not that big. We can take him.
田中さん: メンテナンスに行かなくちゃ。
Dブロック警備: 誰にも通れない。
エギー: あいつはそんなにでかくない。俺たちは簡単にあいつを倒す。

Chapter 2: 21

Guard: Where you taking this Refuse Disposal unit?
Mr. Tanaka: To maintenance over in cell-block D.
Guard: What’s wrong with it, looks in fine condition.
Mr. Tanaka: Umm… it’s got a bad um… motivator…
Guard: Bad motivator huh? Let me take a look.
Eggy: Psst! “tell him this isn’t the disposal unit he is looking for”
Mr. Tanaka: This isn’t the disposal unit you are looking for.
Guard: Did it just talk? We’ve been having a lot of trouble with the newer 2-2 models. Move along.
警備員:このレフズ・ディスポザルユニトはどうしているの?
田中さん:セールブロックDのメンテナンスに。
警備員:何かだめだ?大丈夫そうなのに。
田中さん:えっと、モータベータが、あのちょっと悪いが
警備員:モータベータが悪いの?ちょっと見ていいか。
エギー:ねえ、ね、「君の探したいディスポザルユニトではない」と言って!
田中さん:君の探したいディスポザルユニトではない。
警備員:あれ、今喋ったでしょ。最近新しい2-2モデルはいろいろな面倒あるね。前へ進んでいいよ。

Chapter 2: 20

Eggy: Remind me to never listen to your ideas.
Mr. Tanaka: Shut up, this was the only way. Even if we had another uniform, you are a little short for a guard.
Eggy: &#%! &#!@!
エギー: もう君のアイデアを聞かない。
田中さん:黙れ、これしかなかった。もう一つユニフォームがあっても、君は警備員全くみえない。
エギー: &#%! &#!@!

Chapter 2: 19

Eggy: The riot seems to be over. Going to be hard to get around.
Mr. Tanaka: I think I have an idea.
エギー: 暴動がもう終わったそう。これから移動しにくい。
田中さん: 俺はアイデアがある。

Chapter 2: 18

Eggy: Says here that Dr. Takahashi retired a few years ago, but it does have his current address.
Mr. Tanaka: I see.
エギー: 高橋先生は二三年前引退した。でも今の住所は書いてある
田中さん: そうか。

Chapter 2: 17

Eggy: I can’t find anything on the SS program. Is there any other connection?
Mr. Tanaka: Try looking up Dr. Takahashi.
エギー: SS プログラムにつてなにも見つけなかった。方かのつながりがある?
田中さん: 高橋先生を調べてみて。

Chapter 2: 14

Mr. Tanaka: Tell me what you know about the SS program!
Guard: I don’t know what you are talking about!
田中さん: SSプログラムのことを話せ!
警備員: 何を言っているわからない!

Chapter 2: 12

Eggy: I’ve never seen this kind of lock before. Going to take at least 5 mins to open.
Mr. Tanaka: We don’t have 5 minutes, use your head.
Eggy: Why don’t you use your head?
エギー:この錠見たことない。5分以上かかるかも。
田中さん:5分はないぞ、頭を使えー!
エギー:君は自分の頭を使って!

Chapter 2: 11

Mr. Tanaka: So what are going to do if we meet a bunch of female guards?
Eggy: Charm them with witty brain, I don’t know. How would you handle them?
Mr. Tanaka: The same way I handle everyone else. With Justice.
田中さん:女の警備員だったら、どうする?
エギー:僕の鋭い機知で 魅惑するでしょ? わかない!君はどうする?
田中さん:性別は関係ない、皆正義で清める。

Chapter 2: 9

Mr. Tanaka: I think the control room is up ahead, Mr.. eh what’s your name?
Eggy: People call me Egghead, but you can call me Eggy.
Mr. Tanaka: OK, Eggy. We are going to have to take these guys down… You get the one on the right.
Eggy: What?
田中さん:先の方に管理室がある。えっと、名前は何だった?
エギー:インテリと言われているが、エギーでいいよ。
田中さん:じゃ、エギー。進む前にあいつらを倒さなきゃ。右が君の。
エギー:何?