Chapter 6: 38

Mr. Tanaka: But not too easy, I need to let Suzuki know I mean business tomorrow.
田中さん:でも、リラックス過ぎるはだめだ。明日、鈴木さんに俺が本気を見せなくちゃ

Chapter 6: 37

Mr. Tanaka: Aaaggh! It feels like my chest is about to explode. I should probably take it easy…
田中さん:痛い!胸が爆発みたい。ちょっと落ち着いた方がいい。

Chapter 6: 34

Mr. Tanaka: No child should have to grow up without their parents. It’s time I make a stand. A stand for…
田中さん:両親なしで子供が大きくなるのはだめだ。立場をとる時間になった。

Chapter 6: 28

Mr. Tanaka: It’s so hot. That damn landlord hasn’t fixed the AC yet. I don’t know why I still live here. I could have moved to a nicer place a long ago.
田中さん:暑すぎ!くそ主人、まだエアコン直してない!なぜここにずっと住んでいるかな。随分前もっといい所に住めるんだ。

Chapter 6: 27

Mr. Tanaka: And the rug is gone too. Damn… it really tied the room together.
田中さん:ラッグもなくなった。くそ。ラッグで部屋ができたという感じだった。

Chapter 6: 25

Mr. Tanaka: Is it really back to life as usual? With nobody waiting for me to get back home.
田中さん:人生がいつもどおりにもどるか?家に誰にも待ってくれないか。

Chapter 6: 24

Mr. Tanaka: What kind of person leaves their kid tied up? Someone should knock some sense into that woman.
田中さん:どんな人が自分の子供を縛られるままにしておくか?誰かが責任感をその女の頭にたたき込まなければならない。

Chapter 6: 23

Guy: Is he going to fine here by himself?
Yuki-chan: He’ll be fine. He is used to it. Usually he just cries himself to sleep.
ガイ:本当に一人で大丈夫か?
ゆきちゃん:平気、平気。もう成れたよ!だいたい泣いて寝るんだ。

Chapter 6: 22

Yuki-chan: Now stay here and be quiet. This nice man is going to buy mommy a new expensive bag.
Child: Don’t go mommy! Whaaaaaaaa!
ゆきちゃん:静かにここに待ってて!この親切な男がママのためにいいかばんを買ってくれるの。
子供:ママ、行かないで!うわーーーーー!

Chapter 6: 21

Chet Madagin: He does it! The crowd goes wild. They scream his name “Chet! Chet! Chet!” Mad Dog Chet Madagin has done it again!
チェットマドギン:彼が出来たぞ!群衆が可笑しくなっている!皆彼が彼の名前を声高く唱えている!チェット!チェット!チェット!マッドドッグ・チェットマドギンまたやったぜ!

Chapter 6: 20

Chet Madagin: 1 second left on the clock. It all comes down to this last shot. Will Chet Madagin once again save the day?
チェットマドギン:後一秒残った。この最後のショットで決まり。またチェットマドギンが窮地から抜け出せるか?

Chapter 6: 19

Mr. Tanaka: I feel so lost. I’ve given everything to this company for 30 years. When I finally get something of my own, they take it away. Is this how it has to be?
田中さん:迷った。30年で俺のすべてを会社にあげた。やっと自分の幸せが手に入って、すぐ奪われた。しょうがないなー。

Chapter 6: 18

Dear Tanaky,
Well you know that thing we have been talking about…
You’re going to be a great father! I’m so happy!
love, June XXOOXX
タナキへ、
最近話したことを覚えているの?きっとあなたはいいお父さんになるよ!私はとても嬉しいです!
ラブ、
ジュン XXOOXX

Chapter 6: 15

Suzuki: So I want you to go home and get some sleep. And remember what makes you Domo Robotics number one employee. Our motto is “Work is Life!”
Tanaka: Yes, sir.
鈴木さん:そして、今日早めに帰って寝て、誰がドモ。ロボティクスの一番いい社員のことを思い出せ!モットーは仕事第一!
田中さん:はい!

Chapter 6: 14

Suzuki: It’s of no concern to you. There will be other woman, but now is when the company needs you most. We have come too far to fail now.
鈴木さん:あなたに関係ないんだ。他の女はくるはず。しかし、今この会社のためにあなたの力が一番必要のときだ。わずわずここまできたので、失敗をさせないぞ!

Chapter 6: 13

Mr. Suzuki: So I’ve made arrangements so that will free you of distractions, Tanaka. I need you focused these next couple of weeks and not distracted by some woman. The TNK is going to change the world.
Tanaka: What arrangements did you make?
鈴木さん:それで、あなたを気が散ることから解放するように準備をした。この荷三週間、あなたが仕事に集中することが必要だ。女に気が散ることは許さなん!TNKは世界を変えるんだ!
田中さん:何の準備をしたの?

Chapter 6: 12

Mr. Suzuki: But it was just distraction. A distraction from our main goal.
鈴木さん:しかし、これはちょうど気が散ることだった。我々の主な目的から注意をそらすものだった。

Chapter 6: 9

Mr. Suzuki: Tanaka you have helped build this company into what it is today. You are the engine that dives us forward. But lately, something has been troubling me.
Mr. Tanaka: Sir, what is it?
Mr. Suzuki: Your slipping Tanaka. Your heart just isn’t in it like it was before.
鈴木:君のお陰で、この会社がここまでに進んだ。君はこの会社を未来に連れていてるんだ。でも、最近、ちょっと悩んでいることがある。
田中さん:そうですか。
鈴木:うん。田中、君は腕が鈍った。心は仕事に入ってなさそうだ。

Chapter 6: 8

Mr. Suzuki: Do you remember that day 30 years ago? The day I found you tossed out of P.O.W. camp.
Mr. Tanaka: Yes, sir I do.
Mr. Suzuki: I took a gamble on you. I saw something special in you. Now 30 years of perfection later we stand here at the precipice of achieving ultimate glory for this company.
鈴木:あの30年前の日を覚えている?人捕虜の収容所に身つれた日、覚えているかい?
田中さん:はい、覚えてます。
鈴木:その日、俺はきみに賭けした。君の中にすごいことが含まれたと思った。三十年の完璧行動で、今この会社のために究極の栄光が後ちょっと手に入る。

Chapter 6: 7

Japan learned a hard lesson that day, but as you very well know it would not be the last. 35 years ago the Soviets invaded Japan. The cold war had turned hot and we were reliant on the American’s for our defense. We were not ready for what had come.
その日、日本が厳しいレッスンを学んだ、最後のレッスンじゃなかったでしょ。35年前、ソビエトが日本に攻め込んだ。冷戦はまた戦争になった。その時日本はアメリカの軍隊に頼った。我々は覚悟が足りなかった。

Chapter 6: 6

Mr. Suzuki: Samurai were Japan’s great warrior class. For hundreds of years they ruled Japan until one day, some black ships came to port. The samurai were outclassed and outmatched. They had failed one of histories greatest lessons. Continue to progress or die.
鈴木:侍は日本の武士の身分だった。何百年日本を制していたが、ある日黒い船が来た。侍が完璧に倒された。侍は歴史の一番大事なことを失敗した。進行するか、死ぬ。

Chapter 6: 5

Mr. Suzuki: What I see is a “system”. A system that takes the chaotic actions of individuals and harnesses their power for productivity. Do you know the story of the samurai?
Mr. Tanaka: Yes, sir everyone does.
鈴木:俺は制度を見える。個人の混乱状態に秩序をもたらす制度。そして、カオスから生産量が作れる。侍の話を知っているかい?
田中さん:はい、皆知っているでしょう。

Chapter 6: 4

Mr. Tanaka: I see sprawling metropolis filled with people trying to eek out an existence in an increasingly hostile and dangerous world.
Mr. Suzuki: WRONG! You know nothing, Tanaka. You look with your eyes, but you don’t see what is really there.
田中さん:広い都に住んでいる人たちがだんだん危なくなる世界に一所懸命に夢を追います。
鈴木:違う!田中、何も分からなん!目でみるけど、本当にあることが見えないんだ

Chapter 6: 3

Mr. Suzuki: Tell me Tanaka, what do you see?
Mr. Tanaka: I see Tokyo, sir.
Mr. Suzuki: No, what do you really see?
鈴木:田中、何を見えるかい?
田中さん:東京でしょう。
鈴木:いいえ、本当に何を見えるかい?