Chapter 8: 33

Mr. Tanaka: Your future has a big hole in it. Now why don’t you tell what I want to know before you have a matching one.
田中さん:お前の未来は大きい穴がある。じゃ、お前が似ている穴がほしくなければ、俺の知りたいことを教えて。

Chapter 8: 26

Mr. Suzuki: The TNK 9000 is the latest creation from the Future Innovative Security Tech program. The samurai armor is just for symbolism. This time we won’t fail, we have technology on our side.
鈴木さん:TNK 9000は、Future Innovative Security Techプログラムからの最新の作品だ。侍の鎧は象徴性のためにある。今度こそ、我々は失敗するな。テクノロジーは我々の仲間だ!

Chapter 8: 25

Mr. Suzuki: You look a bit surprised Tanaka. Did you really think we weren’t developing a military grade robot?
鈴木さん:田中、ちょっと驚いているか。我々が戦闘ロボットを開発していないと本当に思ったか?

Chapter 8: 21

Mr. Suzuki: To be honest, I don’t really care about Dr. Takahashi’s “biological” experiments. They are a dead end in my mind.
Mr. Tanaka: So what will happen to them?
鈴木さん:実は、高橋博士の「生物学的」実験に興味がない。行き止まりだと思うから。
田中さん:彼らはどうなる?

Chapter 8: 19

Mr. Suzuki: They could never understand what caused all the other test subjects to go crazy. Testing on you was inconclusive so perhaps your child holds the secrets.
鈴木さん:他のテスト主題がおかしくなる原因がわからなかったけど、あなたの子供のなかに秘密が含まれているかしら。

Chapter 8: 18

Mr. Suzuki: It was Japan’s last chance to fight back the Soviet invaders. Take your average salaryman and turn him into a soldier, a killing machine without equal on the battlefield. You alone survived the process, but even you never lived up to the potential. The program was shut down, but the Doctor wants to run some tests on your progeny.
鈴木さん:それは、ソビエト侵入者を抑える日本の最後のチャンスでした。
平均的なサラリーマンをを兵士に変える。同等が戦場の上にない殺害機械になる。
あなただけはプロセスを生き残りました。しかし、あなたは足りなかった。
プログラムはシャットダウンされました。しかし、先生はあなたの後継者に実験を走らせたいです。

Chapter 8: 17

Mr. Suzuki: It wasn’t her he wanted, but what she has inside of her. Do you remember the SS program?
鈴木さん:彼女のことではない、彼女の中だ。SSプログラム、覚えている?

Chapter 8: 15

Mr. Suzuki: June? Oh, Dr. Takahashi had a need for her. You know how he is with his “experiments” and all.
鈴木さん:ジュン?高橋先生には必要だったそう。実験で用いる

Chapter 8: 13

Mr. Suzuki: Problems? We own you, Tanaka. We are the ones who decide what the problems are.
鈴木さん:問題か?あんたは我々のものだ、田中。問題を決めるのは我々だ。

Chapter 8: 12

Mr. Suzuki: I think you owe me a new door.
Mr. Tanaka: The door is going to be the least of your problems.
鈴木さん:新しいドアの貸しがあるな。
田中さん:ドアはこれからの問題と比べるものではない。

Chapter 8: 9

Ms. Kanda: Good morning Mr. Tanaka. What are you doing here so early? You know Mr. Suzuki doesn’t like visitors this early.
噛んださん:田中さんおはよう。今日早くない?鈴木社長は不意の来客があまり好きじゃない。

Chapter 8: 7

Mr. Tanaka: Whenever I see the sun low in the horizon, I always wondering if it is setting or rising.
田中さん:太陽が低いときに、下がっているか、上がっているかを迷っている 。

Chapter 8: 5

Robot receptionist: Good morning Mr. Tanaka.
Mr. Tanaka: Ah, good morning.
ロボット受付係:田中さん、おはようございます。
田中さん:ああ、おはよう。

Chapter 8: 4

*Announcement*
Domo Robotics is the world leader in robot development. Building a better future today!
*アナウンス*
ドモ・ロバティクスは世界のロボットリーダー. 今日によい将来を作っている。

Chapter 8: 3

Door Sentry: ID confirmed Mr. Tanaka. You may enter Domo Robotics Industries. Have a nice day.
ドア歩哨: ID確認ができた、田中さん。ドモ・ロボティクス株式会社に入ってよろしいです。良い一日を。