Chapter 2: 25

Eggy: Ouch! It’s like hitting a rock.
Ivan: Haha, you can not hurt me little tin man. They dont call me the Iron Soviet for Nothing. Haha!
エギー: 痛い!石のようだ。
イヴァン: ハハ!ちびティンマン、俺を傷つけられないぞ。俺はアイロン・ソビエトと呼ばれてる男だ。ハハ!

Leave a Reply